白いベレー帽、宝物だったのに……。

次女が、生まれギフトに白いベレー帽をくれました。

(それをメイル便で、茶封筒に入れて送ってくれた旦那にも、ちょこっとびっくりけど。笑)

かぶってみると、ほんのり美術家になったような気がして、頼もしい。

周りのゲストたちには、「コミック家屋ちゃんチック」と言われました。
あはは、そういえばあたし、従前コミック家屋願望だったんだっけ^^;
……といった、少し苦々しいような想いもありましたが。
そのベレー帽は、徹頭徹尾自分の穴場になりました。

ある日、その帽子をかぶって、
ゲストの運営している、小児の居場所に行きました。
学童保育ものの周辺で、学校帰りの小学校や、中学校が集まっていて、
たま~に私も有志で行っているので。

なので、精力のいい小学生1年生のギャルたちから、つけられたあだ名が……
「肉まん様」。

いいえ、本当は我々、うっすらこんな気もしていたんだけど、
(そうして、気づかないふりを通していたんだけど……笑)
白いベレー帽って、肉まんに似ているんだ!

殊に、重なるといったちょっと、ひだひだのシワができる辺りとか。
そのへんが、「あんまん」じゃなくて、「肉まん」くさい目的。

可愛い子って、一心に見ていますねえ^^;

子どもたちと仲良くなれたのはいいけれど、
最後には「肉まん!」って呼び捨てまでされてしまった。
おいおい……。

その日から、白いベレー帽をかぶった皆さんを鏡で確かめるたびに、
すでにやむを得ず、頭に肉まんを載せているようにしか見えなくなってしまって、
あまりかぶらなくなってしまったのは、鍵だ。

すまんよ、次女。iPhoneに割安にMNPする技2016年版